デイサービスでのワークショップスタートしました!

6/23(金)以前から企画をしていたご高齢の方のデイサービスでのワークショップを開催いたしました。

通常は模様を選んだり好きに描いてもらうのですが、今回はなぞり絵として、サイズも大きめのものを準備してお取り組みいただきました。

こちらのお部屋の女性のみなさまが積極的に参加してくださいました。(隣のお部屋にも利用者さまはいらっしゃいます。少し描かれたり、お休みされたり、気分が乗らなかったりと様々です。)

「うまくできないわー!」とおっしゃられつつも綺麗になぞられています。

施設の方からも、「このような手先をつかうレクリエーションはご高齢の方にとてもいいのでぜひ続けて欲しい。他の施設でもできたらお願いしたい。」と、おっしゃっていただけました。

落書き瞑想にはリハビリ効果もあると、私自身が知れた時間になりました。

感心したのは職員のみなさまが、利用者の方にとても暖かく接していらっしゃることです。お一人お一人の状態をよくみて、話しかけられ、過ごしやすくできるようにとされていらっしゃいました。

嬉しかったのは当日はあまり気分が乗らなかった方が、後日取り組まれたということです。少しは伝わったかなと嬉しくなりました。

これからもご縁があれば様々な形で続けていきたいです(*^^*)

デイサービス等のレクリエーションにご興味をお持ちの方はこちらよりご連絡ください。

http://www.doodle-meditation.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B

来月からの東急ハンズ新宿店さまでのワークショップも決定しました!

こんにちは。Doodle-Meditationの大田です。

みなさまのおかげで、前回のワークショップも好評だったこともあり、来月以降も東急ハンズ新宿店様でのワークショップを継続することとなりました。

毎月開催予定です。

東急ハンズ 新宿店
6月15日(木)
7月 5日(水)

両日ともに午後からを予定しております。

しばらくの間は、このワークショップと、毎月1回町田での開催を予定しています。

ぜひご参加ください。

また新しい場所でDoodle Meditationをお伝えできそうです。

今日は、新しくワークショップをするための打ち合わせにお邪魔してきました。

今までとは異なる場所でのワークショップ。
なんと!高齢者のデイサービスさんからのご依頼です。

落描き瞑想を楽しんでいただける場が広がるのはとっても嬉しいこと。
少しお年を召した方でも書きやすいようにアレンジしてやっていく予定です。

また報告しますね。

IMG 2290
本日の落描き瞑想 炭の切り口紋です。

【掲載情報】本日発売!感情スイッチを切りかえれば、すべての仕事がうまくいく。

こんにちは。

本日発売のこちらの書籍。

感情スイッチを切りかえれば、すべての仕事がうまくいく。」に落描き瞑想をご紹介いただきました。

献本いただき、発売直前に拝読できました!
もうね、こちらの書籍、素晴らしいんです。Doodle Meditation 〜落描き瞑想〜が目指したいことの一つ!をわかりやすくまとめてくれています。

IMG 0331 2

著者の竹内さんは、心理学トレーナーでITコーディネーターで、特定非営利法人しごとのみらいの理事長で、講座や研修、その他の活動を通じてごきげんにいる人を増やす、仕事をもっと楽しくという取り組みをされていらっしゃいます。

私たちは、こうだったらいいな、もしくは無意識に持っているこうなるでしょという自分の理想と、現実に起きたことにギャップがあったときに、様々な(プラスマイナス関係なく)感情として認識されます。

この時に、理想と現実ということを意識することは少ないと思いますが実際のメカニズムはこんな感じです。

こちらの書籍は、感情のメカニズムを知って、切りかえるという大きく分けて二つのテーマが書かれています。

メカニズムを知ることで、自分の感情に翻弄されることが少なくなりますし、切りかえることといっても、ただポジティブに思い直すという表面的な対処ではなく、自らの深いところをみつめ推進力にしてしまう方法が紹介されています。

その方法は、難しい、大変というものではなく、誰でも手軽にできるものばかり。

これがすごいことだと思います!

感情を鎮める具体的な方法の一つとしてDoodle Meditation 〜落描き瞑想〜を紹介していただきました。

こちらをきっかけにワークショップ等も体験いただける方や、ご興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。

近々ワークショップのご案内もできる予定ですので、ご案内を差し上げます。

竹内さん、どうもありがとうございました!